TEL:03-3988-4855
池袋西口から地下道徒歩 約 5

アクセス方法

地下通路を利用すれば
 雨の日でも傘をささずに
 お越しいただけます♪

  アクセス方法 (徒歩 約 5 分)

・副都心線「池袋駅」
 改札からの道順(地下)を
 映像でご案内いたします♪

  別ページで映像を見る
 池袋西口から徒歩 約 5 分
 〒171-0021
 豊島区西池袋 5-1-3
 TEL 03-3988-4855

駐車場のご利用については、
こちらをご覧ください。


【講師募集】
随時、講師を募集しております。先生のスキルを「とぶかる」で活かしてみませんか?
詳しくはこちらをご覧ください。

Shufoo!

文学・文化・芸術
NEW 小説創作講座
文章で自分を表現し、書く楽しさを知る

池袋校
小説を書いてみたいけれど、どう書いていいか分からない。小説を書いているけれど、これでいいのか分からない。何より、自分が書いた文章を誰かに読んでもらいたい。そんな方のために、質疑応答をメインにお手伝いしていきます。小説を「読む」から「書く」へ、一歩進めてみませんか。

クラス 曜日・時間 受講料
(3カ月分)
教材種別 教材費
水曜(第4)10:30~12:00 11,889円 教材費 648円
(税込価格)

講師
      • 小説家
      • 森 美樹
    • 1995年講談社X文庫ティーンズハート大賞佳作受賞。
      2013年新潮社R-18文学賞読者賞受賞。
      講談社より恋愛小説7冊、新潮社より小説2冊刊行。
      WEBサイト女子SPA!にてエッセイ連載中。
持ち物

筆記用具

カリキュラム

作品の講評、合評を通して、小説の書き方を学んでいきます。また、書く上での疑問点や悩みを解決していきます。作品は400字詰め原稿用紙5枚以内(未完でかまいません)、テーマは自由です。提出原稿の締切は各月15日までご対応ください。         
※提出物⇒ 毎回、原稿用紙5枚の小説。第1回目は冒頭部分を執筆してください。第2回、第3回と5枚ずつ続きを書いていきます。完成させなくても大丈夫です。毎回添削してお返しします。
●4月26日(水)第1回目
・なぜ小説を書こうと思ったか、あるいは書きたいと思ったか
・小説を書く上での心構え
・必ずしも文章力がなくてもいい、文章力は後からついてくる
・起承転結の「起」「承」について
・イントロ部分で読者に5W1Hを理解してもらう
※講師が執筆した短編小説をテキストにします。
400字詰原稿用紙17枚の短編小説を5~6枚に分けて使用していきます。
●5月24日(水)第2回目
・作品の一番の読者は自分、自分の作品は世界一だと思うこと
・熱意は必ず他者に伝わる、技巧に走らない
・小説を書く上で一番大切なこと、情熱
・文章上達のひとつの方法、全文書き取り
・起承転結の「転」について
※講師が執筆した短編小説をテキストにします。
400字詰原稿用紙17枚の短編小説を5~6枚に分けて使用していきます。
●6月28日(水)第3回目
・テーマを決める、作品の雰囲気を決める
・プロットの書き方、必ずしもプロットどおりにいくとは限らない
・キャラクターの魅力とは
・ストーリーの組み立て方
・伏線をはる、小道具を使ってストーリーを作る
・起承転結の「結」について
※講師が執筆した短編小説をテキストにします。
400字詰原稿用紙17枚の短編小説を5~6枚に分けて使用していきます。  

講座の申し込みは電話でも承っております。
TEL 03-3988-4855
【受付時間】
月~土 10:00~20:30
日・祝 10:00~18:00



ページ先頭へ戻る